ウタ日記

浮遊することばと追いかけっこ

空耳

空耳はたしかに蝉の声なりし既に鳴き止みもう幾日か

 

君に手の届く隣にふと触れる有刺鉄線刺さる中指

 

はじまりはほんの二ミリの傷だった赤黒き膿テロリストなり