読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウタ日記

浮遊することばと追いかけっこ

帯留

七宝の帯留紫陽花いつまでか身につけられるもう百日紅咲く

 

百日紅白の可憐は夏を呼ぶ赤咲く頃は陽の現世焼く

 

じりじりとした陽の光のもと

歩いていても、自分の歩みが遅れがちになるのがわかります。

この陽射しのもと、花をつける草木たちの生命力を

我がものにしたくて、百日紅の木の幹に抱きつくとその冷ややかさに驚きました。